無添加・国産ドッグフードなら日優犬高松の「鶴亀長寿」
日優犬高松 電話番号

下記にひとつでも当てはまる方は、ぜひ「鶴亀長寿」をお試しください。

鶴亀長寿 今食べさせているドッグフードが、臭いので心配。
鶴亀長寿 1日でも長く、愛犬と一緒に生活したい。
ドッグフード 愛犬には、いつも元気でいて欲しい。
鶴亀長寿 今食べさせているドッグフードに不安がある。
ドッグフード 少しでも安心して食べることができるフードを食べさせてあげたい。
鶴亀長寿 ドライフードを食べなくて困っている。
ドッグフード うんちの臭いが異常に臭い。
鶴亀長寿 うんちの状態が異常に硬い。
ドッグフード 合成保存料や合成添加物、化学調味料や酸化防止剤などが入ったものは、食べさせたくない。
鶴亀長寿 愛犬の健康や食事にはこだわっている。
ドッグフード 国産で安心して食べさせることができるドッグフードを探していた。

ワンちゃんの健康本当に考えていますか?

国産ドッグフード

はじめまして。「日優犬高松(にちゆうけんたかまつ)」の代表、大眉篤司(おおまゆあつし)です。

このページをお読みの飼い主様は、本当に愛犬の健康のことを考えていらっしゃると思います。

本当に愛犬の健康を考えているからこそ、今与えているドッグフードに疑問を持ち、良いフードを探しているではないでしょうか?

今のドッグフードを選んでいる理由は、様々だと思います。

1種類のフードしか食べさせたことのない方もおられると思いますし、購入する度にドッグフードの種類を変更している方もおられると思います。

メーカーもたくさんの中から自分達のドッグフードを買ってもらおうとパッケージを工夫したり、年齢別や犬種別にしてみたり、アレルギー用やダイエット用にしてみたり、様々な工夫をしています。

その結果、10年位前に比べるとドッグフードの種類も沢山増えました。

しかし一方で、どんな原料が使用されているか分からなかったり、産地偽装問題もあったり、原材料や製造工程を見せてくれなかったりドッグフードの製造にはグレーゾーンが非常に多いのが現実です。

また、ドッグフードはどうせ言葉の話せない犬に食べさせるのだから、少しくらいは品質が悪くても問題ないというのが、ペット業界の常識でした。

「それは絶対におかしい」と納得がいかなかった私は、自分で納得のいくドッグフードの製造を始めることにしたのです。

 

そう言われても、市販の方が値段が安いし、量も多いし…。

今までに、ドッグフードの原材料表示を真剣にご覧になったことがございますか?

原材料表示は必ず確認するという方もおられると思いますし、今まで全く見たことがないという方もおられると思います。大切な愛犬が毎日食べる食事です。ぜひ一度、真剣に原材料を確認してみてください。

ドッグフードのラベルなどに下記のように表示されていると思います。
分かりやすくするために原材料を絞って記載していますが、今のドッグフードにも同じような表示があると思います。

(例)一般的なドッグフードの成分表
ドッグフード 成分

■ドッグフードの原材料表示例■とうもろこし、肉類、とうもろこし粉、鶏肉副産物、コーングルテン、チキンミール、米粉、動物性油脂、大豆ミール、ビートパルプ、食塩、ビタミン類、ミネラル類、酸化防止剤(BHA・BHT)…など

パッと見た感じ、「お肉も入っていて、穀類も入っているし、大豆も入っていて、ビタミンやミネラルも豊富な感じがする。しかも酸化しないように配慮されている。」と思われる方も多いと思います。

しかし、上記の原材料は愛犬にとって非常に良くないものばかりです。

一見栄養バランスが良さそうなドッグフードですが、愛犬の健康にとって非常に多くのデメリットが存在しています。

中でも、最も注意しなければいけない市販のドッグフードのデメリットをここでお伝えしていきましょう。

国産ドッグフード 鶴亀長寿

ドッグフードに使用されている肉・大豆・トウモロコシは人間が食べる品質レベルではございません。「肉類」「トウモロコシ粉」「大豆ミール」などと書かれている場合は、本物の素材は含まれておりませんので、愛犬の健康を考えるとな食べささないほうが良いです。実際のところ、この「〇〇類」や「〇〇粉」「ミール」といった原材料は人間が食べることのできないものを利用して作られていることがほとんどです。

また、ドッグフードに多く使われる「動物性油脂」も添加物が大量に使用されていますし、「植物繊維」と呼ばれる成分も主に甘味料として総量を増やすために用いられます。塩分を原材料に使用するのは、食いつきを良くという意図があるからです。

今食べているドッグフードの原材料に「肉類・○○ミール、動物性油脂、鶏脂、とうもろこし、コーングルテン、○○副産物、酸化防止剤、植物繊維」などが入っている場合は危険です。

国産ドッグフード 鶴亀長寿

人間の食品にも添加物はたくさん入っています。それらは、一定の基準によって定められて安全が確認されたものです。

それならば、ドッグフードにも少しくらい添加物が入っていてもいいのではないかと思いますが、ドッグフードの添加物には人間の食品には使用してはいけない基準のものが認められており、市販のドッグフードには含まれています。

添加物には酸化防止剤・香料・着色料などの化学物質がありますが、その類の中でもドッグフードには、人間の食品衛生法や家畜の飼料安全法で使用してはいけない添加物が入っているケースが多いです。下記の3つのうち1つでも入っているドッグフードは絶対に食べさせると危険です。

「BHA」・・・ガソリンの酸化防止のために合成された化学物質。

「BHT」・・・石油用の酸化防止剤。発がん性物質。

「エトキシキン」・・・農薬として使用することすら禁止されている物質。発ガン性物質。

国産ドッグフード 鶴亀長寿

最近では、外国産のドッグフードでも品質の良いものが増えてきています。ただ、原材料表記上は品質が優れているように見えるのですが、製造工程などは闇の部分も多く、本当に安全かどうかは疑問です。また、遠い海外から何ヶ月もかけて輸送されてきますので、酸化を防ぐために酸化防止剤が多く入っている場合もあります。アメリカ製のドッグフードに関しては、その製造工程や製造現場を確認した日本人はほとんどいないと言われています。

海外からドッグフードを輸入するときに、輸送費を安く抑えるために大袋で輸入します。その大袋を日本で日本販売用のパッケージの小袋に移し替えるために、一度大袋を開封します。せっかく密封して海外から輸入したのに、日本で一度開封しているフードがあります。もちろん空気に触れますので、酸化しやすくなります。酸化しやすくなるので、酸化防止剤を大量に入れなければならないのです。

私は、やはりドッグフードは自分達の目の届く、日本国内で製造された商品がベストだと思います。

 

以上、市販のドッグフードを何も考えずに与えてしまうことのデメリットをお伝えしましたが、私が思うに、今のドッグフードの現状は、完全に二極化が進んでいると思います。

「品質が悪くて安い」ドッグフードを作るメーカーと、「品質が良くて高い」ドッグフードを作るメーカーに別れてきているような気がします。

もちろん、私は「原材料費が高くても、本当に安心して食べることができるドッグフード」を販売したいと考えています。

 

国産ドッグフード 人間も食べれる

鶴亀長寿国産ドッグフード 鶴亀長寿

そこで、構想から10年以上かかりましたが、私がやっと自信を持ってお薦めできるドッグフードが完成しました。

その名も国産ドッグフード「鶴亀長寿(つるかめちょうじゅ)」です。

「鶴は千年、亀は万年」と言います。長生きを象徴するシンボルです。

この「鶴亀長寿」の開発にあたり、私は今までにご説明してきた危険な原材料はすべて使用しないことに決めました。

今まで説明してきた原材料を使用すると、ドッグフードが安く製造できますが、安くすることが目的ではございませんので、すべて排除しました。

あくまで、愛犬が安心して食べることができるドッグフードを作ることが使命だと私は考えたのです。

私どもが開発したドッグフードの原材料は、下記を使用しています。

鶏肉、大麦、かつお、黒米、ハト麦、玄米、米ぬか、小松菜、大根葉、 ごぼう、にんじん、キャベツ、昆布、白菜、高菜、パセリ、 青じそ、ビール酵母、卵殻カルシウム、ハナビラタケ(MH-3)

原材料はすべて国産で、穀物や野菜はできるだけ無農薬・減農薬で育てられた食材を使用しております。いくら原材料が安心して食べることができるものでも、その原材料が農薬まみれではまったく意味がありません。

その他にも数えきれないほど市販のドッグフードとの違いがありますが、今回は中でもぜひお伝えしておきたい 「鶴亀長寿」の3つの特徴についてご紹介いたします。

  
国産ドッグフード 特徴
鶴亀長寿の特徴

穀物は生産農場を厳選し、実際に私自身が見学に行きました。

今まで説明してきた危険な原材料が使用されていなくても、私どものフードに入っている穀物や野菜などが農薬まみれではまったく意味がないことになります。ですので、原材料に入れる穀物などは実際に見学して、生産者を限定しています。

そして中でも一番こだわったのは、「ハト麦」です。ハト麦は原材料としては非常に高価で、通常はハト麦以外の穀物が使われます。ハト麦が入っているフードもあると思いますが、おそらく微量だと思います。微量でなければ、安くは販売できないからです。

ハト麦は漢方では、万能薬として処方されてきました。ハト麦の中には、皮膚のトラブルを改善したり、皮膚の保湿を保ったり、老化を防いだり、アレルギーやウイルスを減少させると言われているヨクイニンという成分が含まれていることが分かっています。この成分が愛犬の体に上手く作用してくれることを期待しています。穀物の中でもハト麦は圧倒的に愛犬の健康をサポートしてくれます。

【主な原材料産地について】

※製造する季節によって、産地が異なる場合はございますが、原材料の主な産地を明記いたします。

原材料 産地 原材料 産地
鶏肉 宮崎県 大麦 熊本県
かつお 鹿児島県 黒米 福岡県・熊本県
ハト麦 福岡県 玄米 福岡県・熊本県
米ぬか 福岡県・熊本県 小松菜 福岡県・熊本県
大根葉 福岡県・熊本県 ごぼう 福岡県・熊本県
にんじん 福岡県・熊本県 キャベツ 福岡県・熊本県
昆布 北海道 白菜 福岡県・熊本県
高菜 福岡県・熊本県 パセリ 福岡県・熊本県
青じそ 福岡県・熊本県 ハナビラタケMH-3 群馬県


【原材料】鶏肉、大麦、かつお、黒米、ハト麦、玄米、米ぬか、小松菜、大根葉、ごぼう、にんじん、キャベツ、昆布、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ビール酵母、卵殻カルシウム、ハナビラタケ(MH-3) (特許原材料使用:特許第4183326号)

※酸化防止剤、合成保存料、合成着色料、香料、膨張剤、防カビ剤は使用しておりませんのでご安心ください。
※原材料はすべて国産です。

【給与量】 体重1kg(20g) 体重3kg(60g) 体重5kg(100g) 体重10kg(180g) 体重20kg(320g)
※食べさせる量はあくまで目安です。便の状態や体型を見て調節してください。

【原産国】 日本
【成分】 水分7.0%以下、たんぱく質22.1%以上、脂質6.5%以上、食物繊維1.8%以下、灰分(ミネラル)2.8%以下
【カロリー】 100gあたり 約345kcal
  
ドッグフードの特徴

愛犬ちゃんに安心して食べていただくために、ペットフード安全法に基づく「ペットフード安全検査」を行っております。愛犬の健康にとって絶対に良くない酸化防止剤の「BHA」「BHT」「エトキシキン」は以下のように検出されませんでしたのでご安心ください。

ドッグフード 成分証明

さらに、愛犬ちゃんに安心して食べさせることができるように、念のために放射性物質の検査も行っております。検査の結果、放射性ヨウ素と放射性セシウムは検出されませんでしたので、ご安心して食べさせてあげてくださいね。

  
国産ドッグフードの特徴
ドッグフード ハナビラタケ

最近、原材料にこだわった国産のドッグフードは他のメーカーでも少数ではありますが、販売され始めています。10年前には考えられなかったことです。ペット業界としては、非常に歓迎すべき流れです。 私どもはさらに一歩先を行くドッグフードとして幻のきのこと呼ばれている「ハナビラタケ(MH-3)」を原材料として加えました。この「MH-3」というのはきのこの菌の種類です。

もしかしたら聞いたことがある方もおられると思いますが、「ハナビラタケ」というきのこは自然界に非常にまれに存在する食用きのこで、日本でも発見されることはまれです。近年では、人間用のサプリメントにも使用されています。ハナビラタケ(MH-3)には「β(ベータ)(1-3)グルカン」が豊富に含まれています。


ハナビラタケにも種類があり、ハナビラタケ(MH-3)という種類が一番豊富に「β(1-3)グルカン」が含まれています。

「生活習慣病」を予防するには、自己の回復力を高める必要があります。ハナビラタケ(MH-3)には、非常に高い自己回復成分「β(1-3)グルカン」が含まれていると言われています。


ちなみに、ハナビラタケ(MH-3)にはアガリクスの6〜8倍の「β(1-3)グルカン」が含まれています。

非常に高額なハナビラタケ(MH-3)ですが、愛犬の健康や命はお金にはかえることができませんので、高額な原材料ではありましたが、惜しみなく配合しすることにいたしました!

通常であれば、このような高級原材料は、原材料名に表記するためだけを目的にごく少量だけ加えるのが常識ですが、それでは全く意味がないので、1日の愛犬に必要なハナビラタケがドッグフードから摂取できる量を配合していますので、ご安心下さい。

ハナビラタケ入りのドッグフードを食べることによって、他のどのドッグフードを食べるより愛犬の健康が維持できると私は考えております!(原材料特許使用:特許第4183326号)

【原材料】鶏肉、大麦、かつお、黒米、ハト麦、玄米、米ぬか、小松菜、大根葉、ごぼう、にんじん、キャベツ、昆布、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ビール酵母、卵殻カルシウム、ハナビラタケ(MH-3) (特許原材料使用:特許第4183326号)

愛犬の健康と長寿を本当に心から願うのであれば、ぜひ、私どもが開発した国産ドッグフードを「鶴亀長寿」つるかめちょうじゅ)を毎日食べさせてあげてください。

私は現代の愛犬の皮膚病やアレルギーなどの様々な病気は、品質の悪いドッグフードが原因だと考えています。体に良くないものを毎日食べているのですから、病気になってもおかしくないと思います。

食べさせ方は、ドライフードだけだと水分不足になることもありますので、あまり水を飲まないワンちゃんは、少しお水でふやかせて食べさせてあげてくださいね。


お客様の声

ドッグフードのお客様の声
シーズー ドッグフード

いつもお世話になっております。昨日お願いした「鶴亀長寿」さっそく試食してみました。最初は2、3粒のつもりが美味しくてポリポリと手が出てしまい・・横で愛犬が「私のご飯なんだけど・・・」みたいに見つめられてしまいました!

家でもペットホテルでもドライフードだけでは決して食べないのにこの「鶴亀長寿」は夢中で食べていて驚きました!!先日頂いたメールをじっくりと読み、すぐさま今までのフードの説明を見て教えて頂いた最悪のものが全部入っているのを確認し、今まで何年もこの様なフードを食べさせていたのかと思ったら愛犬に申し訳なく感じました。もちろん!!今までのフードは全部捨てます!!

今や我が家の愛犬のご飯は「鶴亀長寿」です。こんなご馳走は他にはないですよね〜〜!この様な安全なフードを作って頂いて本当にありがとうございました。季節の変化の中、皆様の健康とご活躍を心からお祈りいたします。

国産ドッグフードのお客様の声
チワワのドッグフード

こんにちは(^^)ロングコートチワワの男の子2歳の海(かい)とくらしています。この度、先行発売した鶴亀長寿を購入しました。届いてすぐに匂いを嗅いでみましたが、いい匂いでした。

愛犬に与える前に私が試食…連続3粒食べちゃいました。おいしかったです。その後、愛犬に与えたらカリカリカリカリ食べて、もっともっとと要求。おいしかったんだと思いました。夕飯に与えたら、あっという間に完食。

今までのフードは匂いで撃沈。愛犬も最初だけ食べたり最初から食べなかったりで悩んでいました。生後6ヶ月の頃からフードを食べなくなり、それ以来いろんなフードを試しては棄てるの繰り返し。なので、カリカリフードを完食なんて…本当に久々でした。この調子で食べ続けてくれたらと思っています。

国産ドッグフードのレビュー
ダックスのドッグフード

いつもお世話になっております。鶴亀長寿のフードが届き、まずは私自身が早速試食をしました。うん! 美味しかったです。

鶴亀長寿は、超小粒ですね。これは良いと思います!どのわんちゃんも食べやすいと思いますよ。ぱくぱくっと食べました。結構、びっくりしました。そしてあー、やっぱり美味しいんだと嬉しくなりました。

今後は、病気しないで、過去に何回かお腹切ってますので、もうそんな思いさせたくない。長生きして欲しい・・・こんなに食べてくれるなら、と思いました。食欲落ちた時にも良いですね。

送料無料で頑張ってくれてるので、震災の備えても備蓄したいです。本当に良いフードをわんちゃんの為に開発して下さり、ありがとうございました。

現在 38,222人のお客様が「鶴亀長寿」を継続中!継続率92.4%

 

ドッグフード アレルギー

アレルギー用ドッグフード

【使用していない原材料】
乳製品・卵・小麦・大豆・とうもろこし・牛肉・ラム肉

アレルギーのあるワンちゃんも多いと思います。

栄養面からすべてのアレルギー食材を原材料から除外することは難しいですが、できるだけアレルギーのワンちゃんでも食べることができるようにできるだけ原材料を厳選しました。

しかし、穀類のところでも説明いたしましたが、小麦アレルギーのワンちゃんでも、国産の小麦であればアレルギー反応が出ないケースも多いです。とうもろこしでも、人間が食べるスーパーのとうもろこしならアレルギーが出ないケースも多いです。ですが、ご心配の方もおれると思いますので、念のために使用しないことにしました。

ドッグフードの質問

Q:カリカリのドッグフードをあまり食べないのですが、「鶴亀長寿」は食べてくれるでしょうか?

A:今までにあまりドライフードを食べなかった愛犬ちゃんこそ、国産ドッグフード「鶴亀長寿」をお試しください。今までに市販のドッグフードを食べなかった理由は、おそらく愛犬ちゃんが市販のドッグフードを体に良くないものと本能的に認識していたために食べなかった場合がほとんどです。ドッグフードを食べた後に良く戻すという話も聞きますが、これも体が本能的に毒として受け付けていないためです。今までドライフードを食べなかったワンちゃんも、「鶴亀長寿」なら食べてくれたというお客様からの声がたくさん届いております。今までドライフードを食べなかったワンちゃんは、偏食でも好き嫌いが激しいわけでもありません。ただ単に、品質の悪いドッグフードを体に害があるものとして食べていなかっただけです。ある意味、褒めてあげる行動だと思います。「鶴亀長寿」なら食べてくれると思いますので、ぜひ食べさせてあげてくださいね!

Q:「鶴亀長寿」を食べるようになってから、うんちが軟らかくなりましたが、問題ないですか?

A:うんちが軟らかくなる理由にはいくつか原因が考えられます。まず、本来の健康的なうんちは、少し軟らかいくらいがベストです。カチカチのコロコロのうんちは通常ではおかしいです。まず、今までの市販のドッグフードに凝固剤(ぎょうこざい)といううんちを固める添加物が入っていたために常にうんちがコロコロになっていた場合がほとんどです。この添加物は、原材料表示には明記されておりません。市販のドッグフードにはほとんど入っています。品質の悪い原材料によって下痢をする子もいるので、それを予防するために下痢止めとしてうんちを固める添加物が入っているのです。人間の場合で考えると、ちょっと腐った食べ物と同時に下痢止めを毎回飲んでいるようなものです。決して体に良い方法だとは思えません。ですので、「鶴亀長寿」を食べると今までよりもうんちが軟らかくなります。少し軟らかいほうが正常です。あまりにも軟らかくなったり下痢をする場合は、ただ単にフードを食べさせる量が多い場合がほとんどです。「鶴亀長寿」は栄養価が高いフードですので、今までのフードより少ない量を食べさせてあげれば十分です。今までより少ない量で食べさせてあげてくださいね!

Q:うちの子は市販のドッグフードを良く戻します。胃腸が弱い子でも大丈夫でしょうか?

A:ドッグフードを戻す現象は、良くあることだと考えられています。しかしこれは、愛犬が体に害があるものだと受け付けていないケースが多いです。添加物まみれや原材料の品質が悪いドッグフードを体が受け付けていないために、戻すのです。「犬はよく戻すから気にしなくて大丈夫よ〜」という会話もよく聞きますが、これは間違っています。体が有害だと感じているから戻すのです。品質の良いドッグフードなら戻すことはありません。戻す行為は、決して胃腸が弱いわけでもないのです。市販のドッグフードの品質が悪いだけなのです。

 

国産ドッグフードの返品

開封後でも、1年以内なら100%返品できます!
返品方法

国産ドッグフード「鶴亀長寿」(つるかめちょうじゅ)に満足頂けなかった場合は、どのような理由でも全額返金いたします。商品到着後、1年以内にお願い致します。

ただし、返送料はお客様ご負担になりますのでご了承ください。満足頂けなかった場合は無条件で返金いたします。

■ご購入はこちらから■


国産ドッグフード 鶴亀長寿

国産ドッグフード「鶴亀長寿」1kg(1s×1袋)3,600円(税込)

送料無料


国産ドッグフード 鶴亀長寿

国産ドッグフード「鶴亀長寿」3kg(1s×3袋)10,200円(税込)

送料無料


国産ドッグフード 鶴亀長寿

国産ドッグフード「鶴亀長寿」10kg(1s×10袋)30,000円(税込)

送料無料


鶴亀長寿 お試し

国産ドッグフード「鶴亀長寿」500g(50g×10袋)2,500円(税込)

送料無料
(初めての方へ!お試し50g×10袋です。)


国産ドッグフード 鶴亀長寿

国産ドッグフード「鶴亀長寿」(定期便)
お得な定期便でのお申し込みはこちら


上記の「▼」を押して、ご希望のkg数に変更してください。 (1kg〜30kgまで選択可能)

送料無料
(お得な定期便はこちらより。いつでも解約可能です。)
「定期便」にお申し込み希望の方は、ご希望のkg数を選択して上記の「カートに入れる」ボタンを押してくださいね!お届け周期は次の画面で「1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月」からご選択いただけます。お届け周期は後日変更可能です。

※2kgや6kgや20kgのご注文をご希望の場合は、カートに入れてから数量を変更してくださいね!
平日の12時までのご注文は基本的に即日発送いたします!
全国送料無料・お支払い手数料無料です。
※賞味期限は未開封の場合は約10ヶ月です。(お試し50gの賞味期限は数ヶ月です。)
(開封後は1〜2ヶ月以内に食べさせてあげてくださいね)
鶴亀長寿は、水分量をできるだけ少なくして賞味期限を長く保つことができるようにしております。
パッケージ袋も市販のドッグフードのように紙袋やビニール袋ではなく、
アルミ袋を使用しているため、賞味期限を長く保つことができます。
また、パッケージ内の空気の中の酸素量を減らし、
窒素を多く充填しできるだけ賞味期限を長く保つことができる工夫もしております。

支払方法

送料について 送料無料ヤマト運輸

全国送料無料です。離島でも無料です。○○円以上ご購入の場合は送料無料などではございません。送料は当店ですべて負担させていただきますので、ご安心してお買い物をしてください。

ご注文頂きました商品は、「ヤマト運輸」でお届けいたします。(平日の12時までのご注文は基本的に即日発送いたします!)

お支払い方法について

お支払い方法は、ショッピングカート内で下記の3つからご選択いただけます!

【クレジットカード払い】 インターネット上でのクレジット決済が可能です。カード決済手数料は無料です。
クレジットカード払い

【代引き】 代引き手数料は無料です。 商品と引き換えにヤマト運輸のドライバーさんにお支払いただくようになります。代引き時(商品受け取り時)には現金でも電子マネー(nanaco・Edy・WAON・Suica)でもクレジットカードでもカンタンにお支払い頂けます!
代引き 電子マネー

【後払い】 後日、決済会社(ネットプロテクションズ)から郵送されるお支払い用紙でコンビニ、郵便局、銀行でお支払い下さい。(商品到着後から約14日以内)後払い手数料は無料です。※商品到着後、約1週間前後でお支払い用紙を郵送いたします。商品には同梱されておりませんので、ご了承下さい。
後払い
※コンビニ・郵便局でのお支払いは手数料無料ですが、銀行振り込みの場合は、振込み手数料はお客様負担になりますのでご了承下さい。

※後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額はで54,000円(税込)までです。

国産ドッグフードの購入

日優犬高松 代表 大眉篤司

私は、この「鶴亀長寿」を全国の1頭でも多くの愛犬に食べてもらわなければいけないという使命を感じています。

ペットショップやホームセンターに並んでいる品質の悪いドッグフードを食べることによって、病気などで苦しんでいる愛犬たちを助けなければなりません。私の運命であり、宿命だと感じております。

そのためにも第一歩として、今近くにいるあなた様の愛犬を健康にし、1日でも一緒に長く生活ができるように全力を尽くさなければならないと思っています。

「鶴亀長寿」は原材料もすべて国産にこだわり、製造ももちろん国内にこだわりました。一番こだわった点は自己回復力を高めるβグルカンが豊富な幻のきのこと言われている「ハナビラタケ」を配合したことです。

非常に高価なきのこですが、愛犬の健康のためにはどうしても外すことができない原材料でした。

自己回復力を高めることによってさまざまな病気を遠ざけることができると思っています。愛犬が病気なっている姿を見ることは本当に辛いです。言葉が話せないからこそ、本当に心配になります。

「鶴亀長寿」を毎日食べて、少しでも病院のお世話になる回数が減ることを願っています。品質の悪い安いフードを食べて病院通いが多くなるより、品質の良いフードを食べて、できるだけ病院のお世話にならないようになって欲しいと考えております。

なにより、健康と寿命はお金では買えないと思います。

今そこにいる、かけがえのない大切な愛犬ちゃんの「健康長寿」を一緒に目指しましょう!「鶴亀長寿」が必ずお役に立てると思います! (本来は鶴亀長寿のみを食べさせていただきたいですが、大型犬などの場合でどうしても鶴亀長寿のみは厳しい場合は、今食べているドッグフードと半分半分でも結構ですので、食べさせてあげてください。それだけでも、体質は変わると思います!)

現在 38,222人のお客様が「鶴亀長寿」を継続中!継続率92.4%

鶴亀長寿を食べています 鶴亀長寿を継続中


今食べているドッグフードに下記が1つでも含まれている場合は、今すぐドッグフードを変更してください。
「肉類」○○副産物」「ミートミール(肉粉)」「ミートボーンミール(肉骨粉)」「○○ミール」
「BHA」「BHA」「エトキシキン」「酸化防止剤」「保存料」「甘味料」「着色料」
「動物性油脂」「家禽(かきん)油脂」「〇〇油脂」「〇〇脂」
「とうもろこし粉」「小麦」「米粉」「麦粉」「大豆ミール」「脱脂大豆」
「ビートパルプ」「ピーナッツ殻」「セルロース」「植物繊維」
「食塩」「塩」「自然塩」「海塩」「糖蜜」「コーンシロップ」「グルテンミール」

今、愛犬が食べているドッグフードを10粒くらい食べてみてください。おいしいですか?

自分が食べておいしくないドッグフードを愛犬に食べさせるのはかわいそうです。

今のフードをおいしく10粒食べることができない場合は、鶴亀長寿をお試しください。

国産ドッグフード「鶴亀長寿」が到着しましたら、10粒ぐらい飼い主様がまずご試食くださいね!


今食べているドッグフードが、安心して食べることができるフードなのかを一番カンタンに見分ける方法。
それは、飼い主様が10粒くらい食べてみることです。10粒食べることができないドッグフードはおかしいです。
飼い主様が飲み込むことのできない、臭いドッグフードはおかしいのです。